お知らせ

梅雨入り早っ!

皆様こんにちは。

今年はいつになく早い梅雨入りで心も身体もすっきりしない日が続きますが

まだまだコロナの終息も先が見えない中で、もどかしい気持ちでいっぱいですが

皆様と共に気持ちを強く持ち頑張っていこうと思います。

 

それでは、今回のブログでは以前作業のおおまかな流れを掲示しましたが、

肝心なことを忘れていました。

一番最初に行う作業として“クレーン組み立て”があります。

弊社作業においてはクレーンも自社で用意、運転も行います。

今回はクレーンが組みあがる所を掲示したいと思います。

今回使用クレーンは120tクローラークレーンになります。

 

 

1.クレーン本体搬入


特別車両となるため道路の使用許可が必要なため、クレーン本体搬入の朝は早い 😥

 

 

2.キャタピラ組み立て


これキャタ片方で16tあるんですよ!

 

 

3.ボトム組み立て


 

 

4.ウェイト組み立て


 

 

5.ブーム組み立て



今回はブーム長さ36m仕上がりです!

 

 

6.いよいよブームにワイヤーを仕込みます。


 

 

7.組み立て完了!


組み立て完了したあとは、各安全設備が作動するか総点検して

いよいよ本作業開始になります。

 

弊社の作業においてはクレーンはなくてはならないもの!

架設作業だからこそ、クレーン、使用機材はすべて自社で用意します。

そこが本設の鉄骨屋さんたちとは違うところ!

クレーン免許から始まり、全ての作業において色々な資格が必要となります。

鉄骨に関しての資格種類は他職に比べて桁違いだと思われます。

 

では次回は、弊社が必要とする資格について今まで記載の

ブログと結び合わせて説明していきたいと思います。

 

コロナに負けるな!

梅雨に負けるな!

頑張れ日本!

 

 

谷でした 🙂

 

 

新年度スタート!

4月新社会人 ご入学 進学 皆様おめでとうございます!

新年度がスタートしました。まだまだコロナ禍で先の見えない状況が続きますが、

コロナに負けず頑張っていきましょう。

 

では、前回に続きまして今回は橋がかかっていくところをお送りしたいとおもいます。

 

5 杭と杭を鉄骨でつなぐ下部



 

6 杭と杭を鉄骨でつなぐ上部

 



 

7 床板(覆工板)設置



前回の記載1から7までの作業を繰り返し行い、一つの橋を架設していきます。

 


 

ついに橋完成!!

 

前回と今回で記載しました仕事をメインに、全国各地飛び回っています。

工事現場の一番最初に比較的やる事が多いので、他職も少なく換気もバツグンなのでソーシャルディスタンスにはもってこい!

 

では次回はおさらいと必要資格についてお話したいと思います。

 

谷でした!

卒業おめでとうございます!

3月卒業を迎える皆様、おめでとうございます!

コロナ禍の中新たに就職される方、進学される方、過去類を見ない大変な世の中の中乗り越えてこられた事を心よりお慶び申し上げます。

 

しかし、やはりコロナ影響で就職先が見つからない方も大変多くいるとメディアで拝見します。

今に負けずに頑張りましょう!!

 

弊社ではいつでも社員を募集しております!

一般的には建設業に対して色々よいイメージがないかもしれませんが、

今だけではなく将来、未来を考えてみてください。

物づくりには人間の手(職人)が不可欠です。

少子高齢化に伴い、若手の職人が不足している今

建設業で手に職をつける事は近い将来必ず笑える日がくると思います。

なぜかというと、周りに同世代が少なく、建設、物づくりの仕事量は減らないから若い人たちが年をとるにつれ職人の数が圧倒的に少なくなり、今の若い人たちが仕事がないという状況がなくなるはずです。

 

建設業は確かにきつい。

しかしほかの職種にはない達成感が絶対にあります。

将来を見据えて建設業のことも視野に入れてみてはどうですか?

 

弊社はいつでもウェルカムです!!

 

では弊社の『重仮設』について少しお話します。

仮設職にも色々あります。

読んで字のごとく仮に設置する仕事、例えば一番目にするのは足場ではないでしょうか。

これ(足場)も仮設の一つですが弊社は重仮設なので、重たい鉄骨を扱います。

同じ仮設業の中でもかなり特殊で言葉ではなかなか説明しづらいので、簡単な写真を公表します。

 

1 硬質岩盤に穴をあける


 

2 穴の中に杭を建て込む


 

3 底盤岩着確認


 

4 杭設置完了


 

こんな感じで仮設の橋をかけていきます。

 

今回はこれぐらいでいよいよ次は橋がかかっていくところをお送りしたいと思います。

 

次回のブログに乞うご期待!!

 

谷でした。

 

 

 

 

東北の方々へ

第二回のブログを公開するにあたり、前回の報告では

重仮設についてくわしくお話をしようと思いましたが

2011年3月東日本大震災から10年

再び2月13日深夜に福島沖の地震の被害にあわれた方々、

どうか勇気を出して頑張ってください!

 

弊社株式会社谷建は、10年前の大震災の時には

宮城県石巻市において津波の影響による本橋倒壊、土砂崩壊による

道路倒壊箇所のライフラインを確保するため、

重仮設(仮設桟橋)を災害復旧という形で

五か所以上二年以上にわたり被災地のみなさまと共に

作業してきました。

 


当時の作業状況

 

 

あの時の光景は、今でも目に焼き付いています。

あの時の地震の余震と言われていますが、

どうか負けないでください。

 

また、弊社は全力をもって、災害復旧に努めていきたいと思いますので

みなさま宜しくお願い致します。

 

コロナに負けるな!

災害に負けるな!

頑張れ日本国民!

 

 

明けましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

HPを立ち上げて初めてブログを書きます!

 

まずは弊社の営業項目についてお話致します。

 

1 重仮設工事

2 鉄骨、鳶、鍛冶工事

 

上記の内容をメインとして建設現場に従事しております。

 

 

重仮設工事、鉄骨、鳶、鍛冶工事って具体的に何❔

 

と思われる方もいると思いますが、それにつきましてはこれからブログを

更新するにあたって内容を詳しく記載していきたいと思いますので、

次回にこうご期待ください!

 

 

新しい年がスタートしました。

弊社では、今年の目標として

 

1 新規社員の確保

2 社員の健康管理の促進

3 社員のスキルアップと意欲向上のための働きやすい環境作り

 

上記三項目を重点目標とし、頑張っていこうと思います!

 

 

去年、今年と新型コロナウィルスの影響のため、

働きたいのに働けないと言う方々が大変多くいると

新聞等でよく目にしますが、

この機会に一度建設業の門をたたいてみませんか❔

 

建設会社ってちょっと強面でいいイメージがないかもしれませんが、

うちはそんなことはないですよ!!

 

雇用保険、厚生年金、退職金制度等、

福利厚生にもしっかり対応しております!

 

まずは、お気軽にご連絡ください!

 

みなさんでこの時代をのりきりましょう!

 

 

では、次回は弊社の営業内容をもうちょっと詳しく

記載したいと思います!

 

今回はこのへんで失礼致します。

 

次回を楽しみにしていてください!

谷でした(__)

 

 

ホームページを開設しました。

株式会社谷建では、新たにホームページを開設しました。

これまで以上にお客さまにご満足いただけるサービスを心がけ、スタッフ一同精進してまいります。
今後とも、弊社をご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。

▲TOPへ